不動産・会社・法人登記/相続・遺言|L&P司法書士法人[大阪/神戸/東京]

Indivisuals 複雑な問題もスムーズな解決へ

遺言トータルサポート

ご本人の想いを確かな形に

遺言とは死後、あなたの最後の思いを託す家族への手紙です。あなたの財産の分け方はもちろん、ご希望されるお葬式や供養の仕方、お墓、お寺のことまで、何でも書くことができます。
遺言を書かれないままお亡くなりになれば、不動産や預貯金などの財産は法律で定められた人に法律で決められた割合で一律に分配されてしまい、あなたがお望みになる財産があなたの大切な人の手に渡らないことも起こってしまいます。遺言がありさえすれば誰に何を渡すのか細かく指示することができます。
L&P司法書士法人ではあなたのご希望を伺いまして、これを叶えるための遺言を作成するお手伝いをさせていただきます。

【業務内容】

  • ■公正証書遺言の作成支援
  • ■遺言の書き換え、内容の見直し
  • ■公証人との遺言内容の調整
  • ■公正証書遺言における証人(2名)の引き受け
  • ■遺言執行者への就任と遺言執行
  • ■自筆証書遺言の検認申し立て手続き
  • ■包括遺贈の放棄手続き など

相続手続き支援

近年、相続人間での話し合いがまとまらず、相続をめぐる紛争に発展することが数多く見受けられます。これら紛争の多くは、亡くなられた方の意思を、残された相続人が判別できないために発生しており、分配方法について遺言があれば回避できるものがほとんどです。以下の事例に該当するような場合、一度お気軽にご相談ください。


1.財産の相続方法を相続人ごとに自分の意思で指定し、相続させたい
2.妻との間に子供がなく、親もすでに死亡しているが、
 兄弟姉妹より妻に多くの財産を相続させたい
3.事業を引き継いでくれている長男に財産を承継させたい
4.障がいのある子供の生活安定のために、多くの財産を相続させたい
5.世話になった人に、財産を贈りたい
6.自分の財産を社会の役に立てたい など

ハウスメーカー・デベロッパー会社支援

「遺言執行」とは被相続人が亡くなった後、遺言に記載された内容を現実のものとするための手続をいいます。自動的に遺言の内容通りになるわけではありません。不動産については名義変更登記、預貯金については払い戻しや解約を行うことが必要となります。これらの遺言執行の手続を行うための遺言で指定された者を「遺言執行者」といいます。遺言執行者には様々な権限が与えられており、相続人であっても遺言執行を妨げるようなことはできません。L&P司法書士法人では遺言執行者に就任し適切かつスピーディな遺言執行をさせていただいております。

大 阪

〒530-0001
大阪市北区梅田2丁目5番4号
千代田ビル西館9F

tel.06-6455-0171  fax.06-6455-0172

アクセス

神 戸

〒650-0037
神戸市中央区明石町48番地
神戸ダイヤモンドビル7F

tel.078-325-8886  fax.078-325-8887

アクセス

東 京

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1丁目1番18号
ヒューリック虎ノ門ビル9F

tel.03-6273-3115  fax.03-6273-3116

アクセス