不動産・会社・法人登記/相続・遺言|L&P司法書士法人[大阪/神戸/東京]

FAQ

よくあるご質問

相談業務について

会社の業績が悪くなりリストラを進めたいのですが、どうしたらいいですか?

リストラは簡単に進められるものではありません。以下の項目のように専門家による分析、検討、周知、実行が必要となってきます。

①人員削減の必要性(本当に解雇しないと、会社が潰れてしまうのか?)

②解雇回避措置の実施努力(解雇の前に会社側としてできるだけの努力はしたのか?)

③人選の合理性(解雇する人はどうやって選んだのか?)

④労働組合・労働者に対する説明協議(リストラの必要性を従業員にちゃんと説明したのか?)

弊社と関連がある会社には専門のコンサルティング会社もございますので、司法書士業務内容外のことでもご相談ください。

閉じる

お金を支払ったのにネットで注文した商品が届かない。どうしよう…
法的な手続きをとって相手側に催促することが可能です。まず相談者様の言い分を配達証明付き「内容証明郵便」にして相手側に送ります。それも無視されるようなら「調停」や「民事訴訟」手続きを進めます。

閉じる

父親の土地の相続登記をしたいが、兄が行方不明で連絡が取れないのですが…
まず財産管理人である「不在者の財産管理人」を選任します。お兄さんに代わって亡くなったお父さんの遺産分割協議をできる人です。不在者財産管理人は、利害関係者の申し立てにより家庭裁判所が選任します。その申し立ての手続きを司法書士がサポートします。

閉じる

夫が離婚に応じてくれないがどうしても離婚したいのでどうすればいいですか?
離婚の話し合いが整わない場合は、家庭裁判所で調停の手続きを行います。調停では調停委員と裁判官がご夫婦の間にたって話し合いを進めていきます。調停は家庭裁判所に申立書を提出することで始まりますが、その申立て手続きを司法書士がサポートします。

閉じる

母がしっかり検討せず高額な商品をどんどん購入してしまうので、やめさせたいのですが・・・
お母様が高齢や病気等で判断能力が不十分になっている場合、補助人をつけることができます。補助人は、その人にかかわる重要な契約について同意したり取り消ししたりできる人のことです。本人の同意があれば一定の親族または司法書士も補助人になることができます。

閉じる

外国人帰化申請手続きをしてほしい。
外国人の方が日本国籍を取得するには法務大臣の許可が必要で、法務局に帰化申請手続きをおこなうこととなります。帰化が許可されるまでには時間もかかり、また手続きに必要な書類も多く煩雑です。司法書士にご相談いただければ必要な書類の収集や作成についてアドバイスをいたします。

閉じる

  • 不動産登記について
  • 会社登記・法人登記について
  • 金融機関・担保実務サービスについて
  • 企業法務・顧問契約について
  • ABL事業について
  • 契約書作成について
  • 相続登記について
  • 遺言作成について
  • シニアサポートサービスについて
  • 不動産名義変更・保存登記について
  • 裁判事務について
  • 相談業務について

大 阪

〒530-0001
大阪市北区梅田2丁目5番4号
千代田ビル西館9F

tel.06-6455-0171  fax.06-6455-0172

アクセス

神 戸

〒650-0037
神戸市中央区明石町48番地
神戸ダイヤモンドビル7F

tel.078-325-8886  fax.078-325-8887

アクセス

東 京

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1丁目1番18号
ヒューリック虎ノ門ビル9F

tel.03-6273-3115  fax.03-6273-3116

アクセス